ナイトアイボーテ たるむ
目元の悩みというのは尽きないものですよね。

目元が一重なのか二重なのかという問題に始まり、目じりのシワやシミ、たるみ。

まぶたがたるむ現象は加齢とともに進んでいくものでもありますが、二重メイクアイテムを使用していることで助長してしまっていることもあるのです。

二重にしたくても、まぶたがたるむようなことが起きてしまってはアイメイクが映えませんよね。

二重メイクアイテムを使用して、理想的な二重が作れても元々のまぶたがたるむことが起こるとメイクノリが悪くなり目元が老けてみえてしまいます。

ナイトアイボーテは寝ている間の二重メイクアイテムになりますが、ナイトアイボーテでもたるむ可能性があります。

それは間違った使い方をしているときに起こるため、ナイトアイボーテの使用方法や注意点をおさえていきましょう。

目元がたるむ?成分的にはどう?

目元のたるみは実年齢よりも老けた印象を与えてしまいます。

人と人が話すときは目を見て話しますよね。

目元が人に与える印象というのは大きく、目は口ほどに物を言うとも言いますよね。

そんな目元をナイトアイボーテで二重にできてもたるむ現象が起きてしまっては困りますよね。

ナイトアイボーテに限らず二重メイクアイテムで目元がたるむ可能性というのはあるのです。

ナイトアイボーテを使用している人のなかで、まぶたに痒みがでたり赤みがでたりといった過敏症状が表れている人もいます。

これはナイトアイボーテに入っている成分が肌に合わないため、またはまぶたの状態が良くないということで起こり得ます。

ナイトアイボーテは接着力を強力にしていますが、肌に負担にならないような成分配合を行っています。

またまぶたが腫れぼったくならないように、ボタンエキス、フユボダイジュ、アルニカ葉エキスといった美容成分を配合し、消炎、鎮静、保湿効果を得られるようになっています。

寝ている間の長い時間接着しているため、かぶれ防止のためにアルテア根エキス、サクラ葉エキスを配合して刺激の緩和や炎症を抑えるといった効果にも期待がもてます。

こうした成分が配合されているため、かぶれにくく炎症が起きにくい仕様になっていますが、使用方法を間違うとたるむといったことに繋がる可能性があるのです。

ナイトアイボーテの成分を見ると、たるみを予防してくるような成分配合がされているので成分が原因でたるむということはなさそうですね。

ナイトアイボーテの注意点

もともとナイトアイボーテは寝ている間用として作られているため、朝洗顔時に洗い流すように指示がでています。

そこを洗い流さず日中も液をつけたまま過ごしてしまったり、長時間の使用によってまぶたの状態が悪くなることがあります。

まぶたは清潔な状態に保ったうえでナイトアイボーテを塗布することが条件なので、長時間の塗布はまぶたへの負担にもなり、清潔な状態を保つことはできませんよね。

まずは使用時間を守ることで、まぶたのたるみを防ぎましょう。

そしてもうひとつ注意したいのが、朝洗顔をするときのナイトアイボーテの取り方です。

ナイトアイボーテは強力な接着剤を使用しているため、なかなか剥がれにくいといった部分があります。

そのため目元をゴシゴシこすったり、爪を立てて剥がしてしまう人もいるようです。

目元の皮膚というのは非常に薄く他の部位に比べてもデリケートな部分でもあるので、強い刺激を与えてしまうとたるみの元になってしまうのです。

今すぐにたるむということはなくても、年齢を重ねていったときのたるみの原因の一つとなってしまう可能性があるのです。

ナイトアイボーテを落とすときは、ナイトアイボーテが届くときに封入されている落とし方をしっかり守ること、それでも落ちにくい場合は蒸しタオルを作り目元にあててから落とすと取れやすくなります。

エステなどでも目元のクレンジングに蒸しタオルを使うことはよくあるので、目元をいたわりながら落とすということを実行し、たるみを防いでいきましょう。

たるむのはなぜ?ナイトアイボーテの注意点とは?:まとめ

ナイトアイボーテでたるむ可能性があるとすれば、それは洗顔時にあると言えます。

ナイトアイボーテの正しい使い方、正しい落とし方でたるみを防ぎ、目元の印象を老けさせないようにしましょう。