ナイトアイボーテもローヤルアイムも一重や奥二重でもキレイな二重を作ることができると注目されている美容グッズです。

どちらも大きく使い方に差はなさそうですし、肝心の効果や口コミがどう評価されているのかが気になりますよね。

芸能人がおすすめしている商品なこともあり、どちらがより効果的なのか詳しく知って置きたいですよね。

ナイトアイボーテとローヤルアイムではどんな違いがあるのでしょうか?

2つの二重グッズの違いを比較してみました。

ローヤルアイムは折込式?

アイプチや通常の二重グッズだと接着式で二重を作るのですが、ローヤルアイムは折込式で二重を作ります。

まぶたが自然に折りたたまれるようにする方法で、まぶたにローヤルアイムを塗って皮膜を作ります。

それからそのままにしておくことで、まぶたを開いたり閉じたりしている時に自然に二重のラインを作ることできるといったやり方です。

ローヤルアイムのやり方だと、より自然な二重のラインを作ることができ、接着感がないので、快適に過ごすことができると人気が出てきています。

これだけ見ると、接着式のナイトアイボーテよりも二重をキレイに作ることができそうですが、ローヤルアイムにはいくつか欠点があります。

その欠点と入ったどんなことでしょうか?

ローヤルアイムでは一時的にしか二重を作ることができない?

折込式で二重を作ることができるローヤルアイムは一見、まぶたにも負担をかけずに自然に二重を作ることができそうに見えるのですが、効果はほとんどアイプチと変わりません。

確かにこの方法だとより肌に刺激を与えずに二重を作ることできるのですが、二重のクセをローヤルアイムでつけるのにはかなりの時間が必要でしょう。

デートや飲み会の時に一時的に二重にしておきたいのであれば、ローヤルアイムは効果的ですが、理想の二重ラインをクセづけさせて、いずれは何もしないでも二重をキープできるようになりたいのであれば、ローヤルアイムよりもナイトアイボーテのほうが効果的です。

しかし、接着式で二重をつくるナイトアイボーテだと、まぶたに負担をかけてしまうことはないのでしょうか?

ナイトアイボーテが肌に優しい理由とは?

ナイトアイボーテは接着式で二重ラインを作ることができる美容グッズですが、配合されている成分はただの接着剤だけではありません。

肌に負担をかけないサクラ葉エキスやアルテア根エキスの美容成分が配合されており、刺激の緩和や皮膚を軟化させる効果をもたらしてくれます。

さらにより早くキレイな二重ラインを作るために、まぶたの脂肪を燃焼させる効果が植物エキスなども含まれていることから、ただ二重にするだけでなく、ナイトアイボーテは美しい目元を作るのに非常に効果的な二重グッズなのです。

ナイトアイボーテとローヤルアイム どちらがいいの?

一時的に簡単に自然な二重を作りたいのであればローヤルアイム、本格的に二重ラインを作りたいのであればナイトアイボーテを使うことをおすすめします。

ローヤルアイムでも使い続けていれば二重をクセづけさせることも可能ですが、折込式だとどうしても二重をクセづけさせるまでの強い効果は期待できません。

本気で二重になりたいのであれば、整形級にキレイな二重を作ることができると口コミや情報サイトでも話題のナイトアイボーテから始めてみてはいかがでしょうか。

ナイトアイボーテもローヤルアイムもどちらも素晴らしい商品なのですが、より本格的に二重を作りたいのであれば、ナイトアイボーテを使ってみましょう。

接着式でも安心に美容成分配合の二重グッズでお値段もお手頃価格で販売しているので、興味がある人は試してみてくださいね。