ナイトアイボーテ 重い一重
パッチリとした二重に憧れているという方多いのではないでしょうか。

小さい頃は重い一重だったのに大人になるにつれて自然と二重になったという方もいれば、小さい頃は二重だったのに今はなぜか重い一重になってしまっているという方もいるでしょう。

大人になるにつれて目元がすっきりすることもあれば、太ってしまったことが原因で目元が重たくなるということもありますよね。

パッチリとした二重だと化粧も映え、人にあたえる印象が柔らかいものになるという点があります。

そんな二重に憧れる方も多いですが、ナイトアイボーテで重い一重を二重にすることはできるのでしょうか。

ナイトアイボーテは重い一重にも効果的?

まず私自身が感じることは、奥二重でうっすらと二重の幅が付いている目元よりも、はっきりとした一重の方が二重の幅を自由に作りやすいのではないかということ。

癖がつくまでに時間はかかるかもしれませんが、自由に二重の線を決められるといった点でナイトアイボーテも重い一重に効果を発揮するのではないかと予想をしていますが、実際はどうなのでしょうか。

二重のりやテープなどはメイクをする前に使用することが多いですよね。

そうすると日中瞼の動きが激しいため、こすれてしまったり取れてしまったりと、なかなか癖をつけることができず、メイクを落としたら一重に戻ることがほとんどです。

メイクをしているときだけ二重にしておきたいという方は良いかもしれませんが、すっぴんの状態でも二重を保ちたいという方にナイトアイボーテはおすすめです。

ナイトアイボーテは寝ている間に二重の癖をつけていきます。

寝ている間はまばたきをしないため、接着の邪魔になることが何もありません。

ナイトアイボーテは独自研究による特別な配合により接着力を高めています。

そのため寝ている間にも接着がとれないような処方を行い、重い一重でも二重に癖付けをすることができます。

二重のりを使ったことがある方は二重幅を作ることに慣れているかと思いますが、二重のりと同じ要領で癖をつけたい場所にナイトアイボーテを塗っていきます。

重い一重の人は、どこに癖をつけたいのかを瞼にそってシュミレーションしてからつけるようにしましょう。

二重のりやテープだと上瞼にくっついてしまい、変につっぱったり、二重の線がガタガタで他の人にバレバレということがあったりしますよね。

ナイトアイボーテなら夜寝ている間、他の人に見られることなく二重の癖をつけることができるのでストレスも軽減できるでしょう。

「朝起きたら二重になっていたらいいな」という願いを現実にしてくれるのがナイトアイボーテと言えるでしょう。

重い一重から二重へ

ナイトアイボーテの購入者の多くはもともと一重という方が多いようです。

重い一重というのは瞼が重く、二重のりやテープではすぐにとれてしまうということが多くあります。

そのため整形することを考える方も多くいますが、整形はお金もかかるし不安があるという方もいるでしょう。

ナイトアイボーテも1日寝ただけでは重い一重から二重になるのは難しいので、継続して毎日寝る前に塗って癖をつけていることが大事となります。

ナイトアイボーテを使っていても効果が実感できないという方は1ヵ月程で諦めてしまうことが多いようですが、重い一重の場合は1ヵ月以上毎日使用することで癖が付いてくることが多いようです。

また重い一重の場合、幅を大きくとりすぎてしまうと癖が付きにくいことがあります。

ぱっちりとした幅広二重に憧れる方も多いと思いますが、まずは自然な二重のラインを癖付けすることから始めていきましょう。

重い一重を一気に持ち上げようとしても難しいということは想像ができますよね。

また毎日使っていても毎回違う場所に塗っていては癖が付きにくくなってしまうので、毎日同じ幅に癖をつけられるようにしておくこともポイントになります。

重い一重にナイトアイボーテは効果あり!?:まとめ

二重になったらやってみたいメイクやファッションがある!という方も多いでしょう。

重い一重で整形を考えているという方も、日中ではなく就寝中に二重の癖をつけるナイトアイボーテを試してみてはいかがでしょうか。

メイクのよれがきになったり、人に目元を見られるのが嫌という方も寝ている間なら人目を気にすることもありません。

ナイトアイボーテは継続して使うことで癖付けをすることができます。

重い一重に悩んでいる方はぜひ一度ナイトアイボーテの公式サイトを覗いてみることをおすすめします。