ナイトアイボーテ ミセルDライン
似ている商品だとどちらを買えば良いのか迷ってしまいますよね。

似ている商品を見つけたとき、あなたが重視するのは何ですか?

価格や使用感、口コミ評価など比較してからどちらを買うか選ぶという人は多いと思います。

ナイトアイボーテとミセルDラインも似ている商品であり、どちらも人気がありますよね。

そのためどちらを買おうか悩んでいる人も多いはず。

そんなあなたのためにナイトアイボーテとミセルDラインを比較してみました。

ナイトアイボーテとミセルDラインの違い

両者の違いを見ていくにあたっていくつかのポイントに分けてみてみましょう。

では比較の重要項目となる、使い方、価格、購入場所といった部分を大きく分けて見ていきましょう。

ポイント1:価格
1、ナイトアイボーテ
ナイトアイボーテは通常価格4860円です。

単品で購入すると4860円ですが定期お届けコースにすると2980円になります。

ナイトアイボーテは定期コースで購入しても回数縛りはないため、初回のみで解約することもできます。

ナイトアイボーテは通常価格と定期購入とでは価格が異なります。

2、ミセルDライン
ミセルDラインは通常価格5400円です。

ミセルDラインにもナイトアイボーテ同様に定期コースが存在しています。

定期コースで購入する場合、ミセルDラインと日中使えるミセルグルー&プッシャー(2970円)のセットで2400円になります。

しかしこの価格は初回のみの価格となり、2回目以降は4800円に変動します。

ミセルDラインは定期コースで購入した場合最低でも3回の継続購入が必要となります。

解約などの手続きができるのは4回目以降となるので注意しましょう。

ポイント2:購入場所
1、ナイトアイボーテ
ナイトアイボーテは市販をしていません。

Amazonや楽天といった通販サイトでの取り扱いもしていないため、ナイトアイボーテは公式サイトのみで購入することができます。

2、ミセルDライン
ミセルDラインもナイトアイボーテ同様、市販をしていません。

そのためミセルDラインを購入するには、公式サイトから購入する必要があります。

またミセルDラインはAmazonや楽天でも取り扱いがあるため、単品で購入したい方や定期購入したくないという方におすすめです。

ポイント3:使い方
1、ナイトアイボーテ
ナイトアイボーテは夜お風呂に入ったあとの清潔なまぶたに塗布していきます。

使い方としては二重のりと同じ要領で、二重の癖をつけたい部分に塗って押し込みます。

そのまま寝て、朝洗顔時にお湯でふやけさせてから優しく撫で落とすようにしましょう。

洗い流したあとに癖がついたことが目に見えるようになり、早い方で数日で効果を実感できます。

2、ミセルDライン
ミセルDラインは夜のスキンケア後にまぶたに塗っていきます。

塗った部分を指で円をかくように優しくマッサージをして寝ます。

朝起きて洗顔後にミセル専用二重のりを目を細めてくぼみができる部分に塗っていきます。

二重に癖をつけたい部分を確認したらプッシャーで癖をつけていきます。

このとき朝に使う二重専用のりは普段使用しているものでも問題ありません。

ナイトアイボーテとミセルDラインの大きな違い

ナイトアイボーテもミセルDラインもどちらも寝る前に塗ってそのまま寝る商品です。

しかしナイトアイボーテとミセルDラインでは根本的な部分に差があります。

ナイトアイボーテは本体自体で二重の癖をつけていきますが、ミセルDラインは癖付けしやすいようにまぶたの癖を和らげるといった効果をもっています。

ミセルDラインはまぶた専用美容液であり、まぶたをほぐして引き締め、本物の二重ができやすい状態をつくっていきます。

ナイトアイボーテは寝ている間に接着して癖をつけていきますが、ミセルDラインは癖付けする土台を作り上げていくといった部分で異なります。

【比較】ナイトアイボーテとミセルD ラインを比較してみた!:まとめ

ナイトアイボーテとミセルDラインの違いをみてきましたが、購入方法がネットのみという部分は同じですが、価格や定期プランの規約などは異なる部分がありましたね。

またナイトアイボーテとミセルDラインでは本来もつ効能が異なるため、そのまま癖をつけていきたいのか、それとも美容液で土台を作っていきたいのかで選ぶことができます。

どちらが自分に合っているかをじっくり考えて購入を♪