ナイトアイボーテ 効かない
商品が自分に効くのか効かないのかというのは買うにあたって重要なポイントになりますよね。

何にでも向き不向きがあるように、商品の効果が効く人もいれば効かない人もいます。

ナイトアイボーテは二重の癖付けに有効とされる商品で、人気のある商品でもあります。

そんなナイトアイボーテが効かないと感じた人も使用者の中にはいます。

効かないと感じた人に多い傾向などはあるのでしょうか。

ナイトアイボーテが効かないと感じた人は使用方法が違ったり、使用期間が短かったり、まぶたの状態に特徴などがあるのでしょうか。

ナイトアイボーテが効かないと感じた方の意見をチェックしていきましょう。

ナイトアイボーテが効かない?

ナイトアイボーテは寝ながら二重の癖付けができるアイテムです。

二重のりや二重テープ、ファイバーで作る二重メイクが面倒と感じる方や、うまくできないと感じる方、整形したいけど勇気がでないという方までナイトアイボーテに乗り換える傾向にあります。

日中のメイク時に二重メイクをしていると長時間の使用でまぶたの負担になり、肌が荒れたりたるんだり赤みがでたりということも起こっています。

そんなまぶたの負担を減らすといった意味でも寝ている間の二重の癖付けに移行している人も多いのです。

そんなナイトアイボーテは厚ぼったい一重、奥二重、片方だけ二重というように二重に関するあらゆる悩みに対応しています。

ナイトアイボーテは評価も高めの商品になりますが、効かないという人もいます。

効かないと感じた方にはどのようなことが起こっているのかを見ていきましょう。

●接着力の弱さに驚き、二重の癖付けには効果なかった
●アイプチを使っている方が癖がつく
●瞼が荒れて赤みや痒みがでて効果が出る前に辞めざるを得なかった
●重い一重に使ったけれど癖は付かなかった
●朝糊を落としているうちに夜付いた跡が消える
●3ヵ月使ったけれど朝起きると取れてる、顔を洗うと癖が元に戻ってしまう
●1年以上使っているけれど二重にならない!

ナイトアイボーテへの意見をみていると、効かないと感じている人は全く効果を感じていないということがわかります。

効かないと感じている人のまぶたの状況を見ても、もともと奥二重であっても一重であっても効かない人には効かず、効く人には効くといった状況です。

夜寝ている間に癖がついていても、朝顔を洗うと癖がとれてしまうという意見も多く、メイクをするときは結局他の商品を使うことになるという意見もあります。

使用期間が短いために効果がないのでは?と思いがちですが、短い人で2週間、長い方で1年間使用しても効果がないことから使用期間はあまり関係がないように感じますね。

可能性として考えられることは、寝ている間に寝返りを何度もうったりと布団などにまぶたが触れる回数が多いことや、気付かぬうちに目元をこすってしまっていることです。

また朝起きて顔を洗うときに強くこすりすぎてしまうことで癖がとれたり、毎晩液を塗るときに癖付けする位置がずれているといったことが考えられます。

また1~2週間使用していて何も癖がつかなかったけれど諦めずに使用し続けたら癖がついてきたという方もいるため個人差が大きいと言えますね。

ナイトアイボーテの効果

ナイトアイボーテはあらゆる一重の人に向けた商品ですが、もともとのまぶたや使用状況によって“翌朝100%二重”ということが起こる人とそうでない人とがいます。

早い人で数日で癖が付き、長い人では1年使用しても癖がつかないということがあるようです。

ナイトアイボーテはお風呂上りなどの清潔な状態のまぶたに使用し、毎晩同じ場所に塗布することで癖をつけやすくしていきます。

寝ている間はまばたきをすることがないのでしっかりと癖をつけることができます。

接着力の高い成分を配合していますが、まぶたのかぶれや腫れぼったくならないような成分配合を行っています。

しかし敏感肌の方や、二重メイクアイテムでかぶれた経験があるという方は使用に注意しましょう。

ヘアメイクアーティストもオススメしていることから、接着力や密着力も二重コスメの中でも群を抜いているアイテムと言われています。

寝ている間にケアをしていきたいという方におすすめです。

効かない!?ナイトアイボーテの効果ってどうなの?:まとめ

ナイトアイボーテが効かないという人の意見をみていると、癖がつかない癖がとれてしまうというものが目立ちます。

なかにはまぶたが赤くなったり痒みがでたりということもあるようなので、自分のまぶたの状況に合わせて使用するようにしましょう。

正しい使い方、効果的な使い方をチェックして二重の癖付けで理想の目元を目指しましょう。